topimage

2017-06

たっぷり&かわい - 2013.06.11 Tue

月曜日朝のレッスンはTさんとIさん。
お二人が選んでくれたメニューは・・・・

Tさんが”レーズンパン”、Iさんが”バターロール”です。
レーズンパンは混ぜ込みがポイント
バターロールは成形がポイント

レーズンパンは結構レーズンが入ります。
TさんもIさんも、”たまにレーズンってこれだけ?”って
思うことがあるようです。私と同じだ~。
で、生地にレーズンをのせた時、
Tさんが”たっぷりで、いい香りですね”って。
混ぜ込む時、力をいれてレーズンがつぶれないようにと
やさしく混ぜ込んでくれました。
しっかり発酵をとって、成形はとっても簡単。

Iさんのバターロールは、成形がポイント。
伸ばす長さと形がうまくできれば、あとは巻くだけ
これが意外と難しいんですよね。
1つ目より2つ目、2つ目より3つ目と進んでいくごとに、
きれいな、かわいいバターロールの形に
でも、それをみていたTさん。
”難しそうだから、次回のレッスンは違うパンにするわ”っておっしゃってました。
大丈夫ですよ。絶対作れますから、チャレンジしようって思ったら
作りましょうね

Tさんのレーズンパン
Tさんのレーズンパン

Iさんのバターロール
Iさんのバターロール
どちらもとってもかわいい焼きあがりになりました。

Iさんからお土産をいただきました。
被災地の復興支援で大阪に東北の商品が販売されていて、
買ってきてくれたんです。
東北のお土産
赤いのは”気仙沼のバラ”といいます。
あの、津波で全てを流され、避難所での生活。
その中で、支えてくれた方々のお礼をこめて千羽鶴を折られたそうです。
でも、その後、さみしくなり、何もすることがなく、2ケ月近く臥せってしまったんです。
そんな時、”何か楽しみを見つけて元気になって”と妹さんからの言葉。
そして、かぎ針を手にし、たまたま雑誌にのっていたバラのアクリルたわしを
編んだそうです。そして、そのバラのアクリルたわしが、周囲の人を笑顔しに、
作り方を知りたいと、小さな輪が出来上がりました。
”手仕事があるから、1日することがあって暮らしていける”と
おっしゃっているそうです。
楽しい時間、うれしい時間、幸せな時間ってあっという間に過ぎるけど、
悲しい時間、辛い時間、さみしい時間ってなかなか過ぎてくれないですよね。
震災という悲しい、辛い現実を毎日見つめながら暮らしている方々にとって、
長い時間を少しずつ前に進むため、一生懸命暮らしていらっしゃるんだなと感じました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mugimegu.blog91.fc2.com/tb.php/879-83214703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とっても簡単 «  | BLOG TOP |  » コロッケだ~

プロフィール

くみっち

Author:くみっち
パンを作ることが大好き!作ったパンや自宅で開いているパン教室を中心にブログを更新していきたいと思います。よろしくお願いします。

写真は2017年5月の単発メニュー”プルコギドッグ”です。ご予約お待ちしています。

最新記事

カテゴリ

ご挨拶 (4)
パン教室について (11)
レッスンについて (3)
プロフィール (1)
メニュー (17)
月メニュー (88)
今日の教室 (730)
レッスンのお休み (9)
カレンダー (2)
イーストのパン (141)
ホシノ酵母・自家製酵母 (6)
お料理 (171)
お菓子 (20)
日々の出来事 (239)
新しい教室 (13)
石窯オーブン ER-LD530 (3)
旅行 (43)
酔舞琉 (17)
その他 (5)
ビストロ NE-R3500 (7)
未分類 (22)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR